スポンサーサイト

--------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック:(-) コメント:(-)
tag :

新たな産地『尾鷲』

2011-10-31
昨日は休みをいただきました。
お陰様でいい出会いがあり、うろこ屋パワーアップできそうです。

早速本日のおすすめ写真から。

三重県・尾鷲産のひっさげです。
ひっさげとは本マグロの若魚の事で、大阪では、新子(30㎝位まで)→よこわ(50㎝位まで)
ときて1メートル弱、70~80㎝のものをこう呼びます。
赤身は本マグロに比べ若干酸味がありながら赤身特有の旨味があり、
ひっさげ赤身
また中トロや大トロにあたるお腹の部分には、しっかりと脂が乗りながらも
しつこすぎない、非常に上質な脂乗りで、もう本当に美味しいです。
ひっさげ脂
めったにマグロは買わないんですが、見た瞬間飛びついて買ってしまいました。
赤身600円・脂身850円。

またも変なの買いました。尾鷲では『くも海老』と呼ばれている、オオコシオリエビ。
オオコシオリエビ
漢字で書くと大腰折海老ですね。生だと食べる部分が少なく、なんといっても
最高の出汁が出ますので、これは今日は味噌汁でいきます。
量も多いので、お二人様で取り分けていただいても十分ご満足いただけると思います。
海老汁500円です。

すいません。とりあえず時間切れです。改めてアップします。
営業時間中ですが再開です。

では、次。ゴマサバです。すごく太っていて、脂のり素晴らしいです。
ごまさば
ここまで脂乗ったゴマサバが、しかも10月下旬に獲れるなんて、尾鷲恐るべし。
残念ながら活〆にしてなかったのか〆が甘かったのか、プリプリではなかったので
酢で〆ました。でも旨い。〆サバ、500円です。

まだいきます。ヘダイ。これは贅沢にも、さつま揚げ用に買いました。
ヘダイ
少し身が柔らかかったので、残念ながら、です。本来なら煮付や焼魚で美味しいです。


まだあります。南国の魚です。イラ。
イラ
語源は、捕まえようとすると噛みに来るほど攻撃的な性格に、イラっとするから、だそうです。
ベラの仲間で、火を通して美味しい魚だそうです。すいません、ワタシも初めて見る魚です。
すごくうろこが大きくて柔らかい、下しにくい魚でした。

巨大です。あまりの大きさに、頭だけ先に落としてもらったので、こんな写し方です。
にべもない。の、にべです。
ニベ
クセのない魚で、あっさりした白身魚です。ただいかんせん、でかいです。
6.4㎏ありました。勿論丸ごと造りでは使いきれないので、こちらもさつま揚げにも使います。

いや、本当に尾鷲の魚は面白いです。主人とつい話し込んでしまい、
帰宅がすごく遅くなってしまいました。これから、尾鷲の魚もうろこ屋を賑わせてくれそうです。

最後に、写真には納めていませんが、尾鷲名物『まんぼう』も入荷しています。
身は湯びいて酢味噌和えに。500円。
腸は牛ホルモンの‘ミノ’そっくりの歯ごたえで臭み全くなし。
これはネギと一緒に串にして、ネギマならぬネギマン、に。2串500円。
肝も買いました。冬に美味しいあん肝ならぬ、まん肝ポン酢でいきます。これも500円。

では随分と遅い更新になってしまいましたが、本日も午前3時まで、皆様のご来店、心よりお待ちしております!
スポンサーサイト
tag :
<< topページへこのページの先頭へ >> 次のページへ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。